PRO4x
スティーブ・レイジェフ
(G. Loomis チーフ・ロッドデザイナー)

ショートヘッド・ラインの急速な発達が要求した新世代ヘビーロッドがショートスティックスだ。ミッドレンジまでをきわめて効率的に打ち返し探ることができる。 NRX テクノロジーを応用しているのに抑えられた価格も自慢だよ。日本のスズキ、シイラなどにも最高だと思う。
イアン・スコット・デヴリン
(米国東海岸チャーターキャプテン)

ストライパーやブルーフィッシュなどに使う理想の海竿を実現しようと思ったら、レングスはどんどん短くなっていった。
この軽快かつパワフルなロッドは海の釣りを変えてしまうかも知れない。ブラインドの釣りも苦にならないよ。軽いリールを合わせて欲しいね!
マーク・セドッティ(プロ・フライフィッシャー&デモンストレーター)
長めに水面に残したラインをピックアップして、ワンキャストでストライプトバスやブルーフィッシュの前にプレゼンテーションする能力に関して、このロッド群は他に類するものがない。ビギナーレベルを卒業したあらゆる人にとって、ストリーマーを使った釣りを簡単にしてくれると思う。
東 知憲(Tomonori Higashi)
(IFFF公認マスターフライキャスティングインストラクター)

ロングハンドルプレデターは海竿のハンドルを延長したロッドだ。 片手で振ると既存のPRO4xは頑丈な分、若干重みを感じるけれど、両手で振れるようになることで軽快感が際立つ。こういった長いハンドルとのデザインの組み合わせがとてもうまくいっている。 一番ライトなモデルは東京湾での使い勝手も良かった。


スティーブ・レイジェフ
(G. Loomis チーフ・ロッドデザイナー)

巨大なフライをずっとブラインドキャストし続けるのは疲れるものだけれど、この超ミニ・ツーハンド・ロッドを使えばその心配はない。私は東京湾でスズキ釣りをしたことがあるけれど、ショートスティックスと同様、このシリーズも使いやすいと思うよ。
G.Loomis TOP
UP