「水生昆虫とフライタイイング」忍野「夏」編 その1


2月15日に行われた、タイイングスクールで学んだパターンとともに、水生昆虫の種類や特徴を分けご紹介していきます。

今回のテーマは「夏」です。フライフィッシング盛期のシーズンですが、水生昆虫の種類も豊富になっていきます。多くのフライパターンを学び様々な水生昆虫に合わせタイイングテクニックを学んでいきましょう。

 

夏編1回目は、ヒゲナガカワゲラをご紹介いたします。


 



ヒゲナガカワトビケラ  ヒゲナガカワトビケラ科
羽化期 3月〜5月 9月


サイズ   フックサイズ8番〜10番
  茶褐色
特徴的部位  

成虫のウィングは茶褐色のマダラ模様。
飛んでいる姿が白く見えるのは、4枚あるウィングのうち内側の2枚が白いため。

羽化する時間帯   夕暮れの薄暗くなる時間帯。
羽化方法   水面羽化。
羽化特徴   羽化が多いのは晴れた日の夕方で荒天時は少ない。
ケースから抜け出たピューパが水面まで泳ぎ上り水面で羽化します。
羽化した成虫は、水面をジグザグに走りながら岸に向います。 
その成虫を狙ってマスが激しい飛沫を上げることも多いが、
水面に向けて上昇するピューパはもちろん、
水面で脱皮中のピューパもよく捕食されている。
マスがスレていないときは、成虫を模したフライでも釣れるが、
スレた警戒心の強いマスにはピューパフライを水面下に沈め、
さらに小さな動きを与えると効果的です。
夕暮れの薄暗い時間帯からの釣りになることと、
大型のマスがライズする可能性も高いので、
3Xや4Xの太いティペットを使用すると良い。

 



ヒゲナガピューパ Higenaga Pupa

パラシュートダン


イブニングでの重要なパターンのひとつです。今回タイイングするピューパは、水面直下のイミテーションとしても使用できるパターンです。視認性は比較的よいですが、さらにイブニングなどの暗闇で使用する場合は、カーフテイルなどのインジケーターが必要になります。基本的にはドラグフリーで流しますが、ドラグが多少かかるくらいでも効果抜群です。しばらく使うと沈んできますが、そのまま沈めて使用しても効果があります。
フロータントの組み合わせを変えることによっても浮力が変わります。


・ フック/TMC760SP #8
・ スレッド/モノスレッド バターイエローS
・ シャックボディ/ガマーラスダブ(ロマン・モーザ) クリームor オレンジ
・ ウイング/シマザキウイング
・ ヘッド/スピニングディア(ナチュラル)
* 視認性を高めるなら・・・ポスト/カーフテイル(ホワイト)

 

●タイイング手順
@ スレッドをシャンクに下巻きをします。

A シャックとなるガマーラスダブを、適量取り付けます。

B ガマーラスダブのクリームをボディ後半部分に取り付け、前半部分にオレンジを適量、アイ3個分を残して巻きつけます。

C ボディ全体を形成します。ダビングブラシなどを使用し動きを足すとよりリアルなボディになります。

D ウイング材を切り出し、予め縮れた自然な状態になるように手で加工し取り付けます。

E ここで視認性を高めたい場合は、カーフテイルを使用します。取り付け位置はシャンク上部に取り付けます。

F スパンヘッドをディアヘアで作成します。

G ヘッド部分を成形し、完成です。いっきに刈り込むのではなく、状態を確認しながら刈り込んでいくことをお勧めします!!

 



上記のフライレシピは今回タイイングしたフライで使用したマテリアルです。
タイイングの一例としてお役立て下さい。

次回のピックアップニュースは、フタスジモンカゲロウです。
どうぞお楽しみに。


 

 
C&F DESIGN TOP
UP