● Lefty’s Deceiver(レフティーズ・デシーバー)


 レフティー・クレーによる、SWフライを語る上でなくてはならない大定番フライです。フェザーとバックテイルが魚っぽいシルエットを作り出していますが、フェザーを包み込むように取り付けるバックテイルは、針先への絡み防止機能も備えます。シンプルなようでいて、学ぶことがたいへん多いパターンです。

レフティーズ・デシーバー


1. フェザーの取り付け

レフティー・クレー本人は、デシーバーにはストラングサドル(根本が束ねて販売されているもの)を使っています。ストラングサドルの性質として、品質にムラがあり、ねじれている事も多くあります。レフティー・クレーはサドルに付いた多少のネジレは濡れれば関係ないと言っていますが、精密にキレイなフライを作るなら、サドルパッチからハックルを抜き出して使うのがよいでしょう。片側2〜3枚ずつ、計4〜6枚のハックルを使います。ハックルは裏と表があり、カーブしていますので、裏側同士で合わせると、細いシルエットのまとまったウィングになります。ミノーのイミテーションとしてはこちらが主流です。表側同士で合わせると、スプレーウィングと呼ばれる広がりを持ったウィングになります。これはエビを模したフライやアトラクターとして使われます。反りの強いハックルは、ファイバーの曲がりに合わせて太腿の上に置くと扱いやすいものでオススメです。太腿の上で片方ずつハックルを重ねて行き、最後に2つのユニットを合わせて持ちます。このユニットをシャンクの上に留めるには、ソフトループ(ウェットフライのウィングを止めるテクニック)を使用します。親指と人差し指でサドルをつまみ、フックシャンクと一緒に握り込みます。スレッドを一巻き緩く掛けて、それも指の中に握り込み、2巻き目に上側へゆっくりと強く引きます。その間は、指のテンションを抜いてはいけません。ねじれて付いてしまった場合は、若干であればツメで修正することもできます。

2. フラッシュ素材の取り付け

クリスタルフラッシュをサイドに巻きとめます。
取り付けるクリスタルフラッシュの量は少なめ、そしてランダムにカットする事が大事です。

3.  バックテイルの取り付け

バックテイルはアイを取り付ける部分を残して巻きとめます。クラウザーミノーと違い、ボリュームを出しましょう。フックを包むように巻くので、バックテイルは多めに切り出し、必要なら複数回に分けて取り付けます。長さはフックシャンクの1.2〜1.5倍が適当です。ロータリー機構を活用してフックを回転させ、バックテイル(ホワイト)を切り出し、フック下側にあてがってスレッドで固定します。次にバックテイル(チャートリュース)を先に巻いたホワイトよりもすこし長めにフック上側に取り付けます。大型のフライの場合は、3回から5回もバックテイルを重ねてボリュームを出すことがあります。


4. フィニッシュ

ヘッド部分をスレッドで整え、フィニッシュしてください。
エポキシアイをSUなどの接着剤で取り付けて完成です。

 

 
C&F DESIGN TOP
UP