● Gurgler(ガーグラー)


 ジャック・ガーサイドが考案したガーグラーは、トラウトから海まで、ユニークで極めて効果的なフライとして有名です。とても人気のあるフォームフライの一つで、水面直下を逃げ惑うエビやベイトフィッシュなどをイミテートしています。「ガーグラー」とは、水面でピチャピチャ、カポカポ音を立てながら移動するもの、という意味です。フォームはSWフライのマテリアルとして使用頻度が高いので、使い方に習熟していただきたいマテリアルです。フォームはシザースの切れ味を損ないやすいマテリアルですから、高価な製品を使うのは避けたいものです。

レフティーズ・デシーバー


1. テイルの取り付け

下巻き後、テイル材のバックテイルを巻きとめます。好みによってフェザーなどを使ってもよいでしょう。マテリアルの分量に悩んだら少なめにすると格好良く仕上がります。
逃げるエビを模す場合には長めのクリスタルフラッシュを2本くらいつけると良いでしょう。

2. ボディー(フォーム)の取り付け

ボディーに使用するフォームは3mm厚のものを基本として使用します。フォームの長さはシャンクの1.5倍くらいとします。ガーサイドのオリジナルはボディー材のフォームを折り返して使います。フォームの端をフックアイの少し後ろに巻きとめ、スレッドで体節を作りながらベンド方向に進めていきます。オリジナルでは体節が5個出来るようにします。シャンクの上側でスレッドを斜めに掛けて位置を変え、次の体節位置に移動することがコツ。フォームを軽く引っ張りながらスレッドで巻きとめてください。

3.  ボディーハックルの取り付け

ハックルはグリズリーサドルの片側のファイバーをむしったものを体節に沿って巻きます。
ハックルをベンドに巻きとめた後、スレッドはフックアイに向け先ほどできた体節に沿って巻き進め(つまり背中側でスレッドは斜めに交差します)、アイ位置で待機してください。

4. フィニッシュ

ハックルをパーマースタイルに巻き、スレッドで固定します。フォームを前側にかぶせたら、スレッドを巻きつけ上下に強くスレッドで絞り込むとフォームにスレッドが食い込みます。スレッドをウィプフィニッシュしてカットしたら、立ち上がっているフォームの角をすこし丸めてやります。キャスト中の回転を防ぐためです。

フォームを2色使うこともできますが、合計の厚さは3mmにすることが目安です。
1mmと2mmフォームのコンビネーションなどでも良いでしょう。
ボディーをシェニールなどに変えたい場合は形を変えて、フロント部分のみにフォームを使う事もあります。ボディーにフォームが無いため浮力が足りませんから、フロント部分のフォームを2重に使うなどの工夫をして、浮力を補う必要があります。釣りをしていると、簡単にタイイングする事ができる手駒が欲しいものですが、ガーグラーやクラウザー・ディープミノーなどは短時間に巻ける機能的なフライなので、大変役に立ちます。

 

 
C&F DESIGN TOP
UP